Cuisine料理

時をこえて愛される、記憶に刻まれる一皿を。

ソラリア西鉄ホテルの創業当初から約半世紀受け継ぎ守り続けた西洋料理。
フランス料理の技術をベースに日本の風土や食材に合わせて提供するスタイルを、私たちは“西洋料理”と呼んでいます。
変化する時代の中で、伝統を大切にしながら、新しいスタイルを取り入れ、
50年、100年と時をこえて愛され続けるお料理を、みなさまにお召し上がりいただきます。


伝統、演出、プライベート。3つのパーティースタイルにあわせた、料理スタイルを。

伝統を重んじた
「クラシカルスタイル」
Cuisine of Classical Style "Grand Classic"

創業より受け継がれ、素材から吟味しじっくりと手づくりしする黄金のコンソメスープ。歴史の中で洗練された続けてきたローストビーフ。ソラリア西鉄ホテルのお料理の歴史をすべて表現したのが、この“Grand Classic” です。約半世紀にわたり積み重ねた伝統の西洋料理は、ゲストの最上のおもてなしとなるはずです。

感動や楽しさ等様々な演出を叶える
「シアタースタイル
Cuisine of Theater Style "Modern Art"

真っ白なキャンパスに絵を描くように、おふたりの想いとともにつくり上げるのが "Modern Art"。生まれ育った家族とのエピソード、おふたりの出会いや想い出の数々、そんな世界にひとつのストーリーを料理で表現していきます。日本屈指の漁場玄界灘の海の幸を中心に、こだわり抜いた素材と技で、特別な一日のテーブルをスタイリッシュに彩ります。

見晴らしの良い最上階のフロアを貸し切る
「ペントハウススタイル」
Cuisine of Penthouse Style "Four Season Garden"

四季の空が見渡せるペントハウススタイルでは、季節にあわせたお料理をお楽しみいただけます。ウエルカムドリンクをうけとったゲストを色とりどりののアミューズがお出迎え。お料理は地元福岡産を中心としたお野菜や海の幸を軽やかなビストロスタイルで。おふたりらしいリラックスしたパーティーは、開放感のあるペントハウスならではのおもてなしです。

私たちのこだわり

料理の命とも言える「温度」にこだわり抜き、「ソース」はソシエという専門につくるセクションを持ち、
牛を一頭丸ごと仕入れて一番美味しさを引き出すようにカットする「ブッチャー」という職人がいる。
「温度」「ソース」「ブッチャー」この3つのこだわり続ける事を軸に、創業以来、試行錯誤を重ね伝統を守り続けています。

Gallery